スポンサーリンク
政治・国際問題

【5分で分かる時事!】TPPとは?加盟国は?現在の状況は?メリット・デメリットは?

TPPとは?

https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=QEMbPfDa&id=5AA295CF5B72B4F3225DECF52D9EA42513ACAE46&thid=OIP.QEMbPfDa2HEe3119nkdgEQHaDb&mediaurl=https%3a%2f%2fth.bing.com%2fth%2fid%2fR40431b3df0dad8711edf5d7d9e476011%3frik%3dRq6sEyWkni317A%26riu%3dhttp%253a%252f%252fwww.jftc.or.jp%252fkids%252fkids_news%252fjapan%252fkyotei%252f04-01.jpg%26ehk%3d2X8u%252bigOxQa3CqKuMsR3Ma3f2ESBTF%252bjMYq1KqthvhY%253d%26risl%3d%26pid%3dImgRaw&exph=371&expw=800&q=TPP&simid=608017380357388842&ck=65C98576C4C77436A7BE203C05E6A69D&selectedIndex=9&FORM=IRPRST&ajaxhist=0

引用:TPP

分からない人
分からない人

ニュースで出てくるTPPって何?

ちろは
ちろは

国と国同士の貿易協定だよ。

いわゆる、貿易をする上での約束事。

分からない人
分からない人

なるほどー。ニュースで取り上げるほど重要なの?

ちろは
ちろは

もちろん!特に自動車産業と農業には深い関りがあるよ

TPPとは?

ソース画像を表示

引用:tpp

「環太平洋パートナーシップ」

または

「環太平洋連携協定」

などと呼ばれる。

※上の図を見ると、TPPRCEPの加盟国が分かるよ!

アメリカと日本が中心となり、2013年に発効した自由貿易協定。

しかし、アメリカが離脱したことにより、

現在はTPP11と呼ばれることもああります。

加盟国は11か国。

RCEP・・・TPPと似た経済協定。

詳しくはこちら↓

【5分で分かる時事!】RCEPって何?中国の思惑とは?
RCEPとは? 引用:RCEP 分からない人 RECPって何? ちろは アジア圏の国が結んだ大型自由貿易協定だよ。 分からない人 ...

目的

ソース画像を表示

①関税の撤廃

②貿易ルールの統一

メリット

日本の商品が海外でも売れる。

関税撤廃により、海外でも安く売れるから。

特に自動車産業は利益を受けることができます。

日本の高品質の自動車を海外で安く売ることができれば、かなり潤います。

デメリット

TPP に対する画像結果

日本の農作物が売れなくなり、国内の農業が衰退する。

←海外のものが安く大量に入ってくるから。

日本は国土が狭く、一度に大量生産ができない。

しかし、海外では広大な土地を活かして、大量に農作物を作ることができるため、安く売ることができる。

特に、食料自給率の低い日本はさらに低くなることが心配されています。

日本の方針

ソース画像を表示

先であげたように日本の農業が衰退してしまうという側面があるTPP。

政府は「聖域」と呼ばれるものを設けて、「該当品目には関税撤廃をしない」、と決めている。

該当は「米、小麦、砂糖、乳製品、牛肉、豚肉」

歴史

最近

ソース画像を表示

2008年 TPP交渉開始

2016年 署名

2017年 アメリカがTPP離脱(トランプ政権)

2018年 11か国で発効(TPP11)

2021年 2月 イギリスが加盟を正式申請

9月 中国、台湾が加盟を正式申請

かなり前

ソース画像を表示

1948年 GATT体制

※GATT(関税及び貿易に関する一般協定)・・・自由貿易を推進していく枠組み「自由・多角・無差別」を原則とした。

1995年 WTO(世界貿易機関)の発足

→GATTの役割を発展的に引き継ぐ。(紛争手続きなど)

しかし、参加国が増えるにつれ、利害関係が衝突し、機能不全に。。。

 

2000年 FTA・EPAの急増

WTOが機能不全になったことで、2か国間あるはグループでの経済協定が急増。

例外的に認めることで、自由貿易を推進。

中国の対応

ソース画像を表示

中国の習近平国家主席は

「TPPの参加を積極的に検討する」

と表明しました。

しかし、現在のTPPのルールでは中国の参加は不可能です。

そもそも共産主義国家の参加が困難な枠組み。

中国のこうした発言は

「俺が入るためにルールを変えろ!」

と言っているのです。

アメリカが参加していない今がチャンスと見て、手を打ってきたようです。

2021年9月下旬に中国はTPPへの加盟を正式申請しました。

それに続き、すぐに台湾も加盟を正式申請。

加盟するには加盟国すべての承認が必要となります。

TPPに中国が加盟すれば、後から台湾が入ることは不可能です。

中国がTPP加盟に困難な理由

ソース画像を表示

TPPには高い水準でルールが決められています。

禁止事項は

「国有企業への優遇や補助金で自由競争をゆがめること」

TPPは「自由な貿易」が原則なので、中国のような企業への介入は皆無です。

また、

・政府調達の際の外資排除

・国外へのデータの持ち出し禁止を含めた強権的な自国優遇策

さらには

・ベトナムと南シナ海での領有権問題の対立

・オーストラリアとの貿易摩擦での対立

・日本もの尖閣諸島領海侵入で対立

など、全加盟国の承認が難しい状況です。

他国の状況

中国がTPPに正式加盟を申請すると、

台湾・韓国も加盟を申請すると発表しました。

台湾からすると中国がTPPに加盟してからでは台湾のTPP参加は絶対に不可能と考えたのでしょう。

韓国は国内での反対が大きにも関わらず、

加盟申請をしました。

なぜ?

それはおそらく中国に脅されたのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました