スポンサーリンク
株式投資

トヨタ自動車

トヨタ自動車

トヨタ自動車ロゴ

引用:トヨタ自動車

今回紹介する銘柄は・・・トヨタ自動車!

日本では知らない人がいない日本の代表企業です!

日本の車シェアーダントツのトップを走り続ける有名企業。

僕も地元なので、すごく愛着がわきます。

その株とはどれほどのものなのか?

恩恵はどのくらい受けることができるのか?

具体的に見てみましょう。

<株価と配当>

株価 6,625円(2020/5/12 12:00)

最低投資額 662,500円

配当 1株あたり220円

配当落ち日 3月末、9月末

<株主優待>

なし

その分、配当を多くしているのは外国では普通です。

<配当利回り>

配当利回り・・・3.41%

配当利回りはかなり高い方です!

やはり儲かっている会社なだけありますね。

<トヨタ自動車の展望>

トヨタ自動車の展望は

1、完全な自動運転の開発

2、燃料電池自動車の普及

この二つに尽きると思います。

1は安全性の向上という点で積極的に取り組んでいます。

例えば、アクセルとブレーキを踏み間違えるという人員的なミスを根絶。

2については、燃料電池自動車の高価格、水素ステーション(ガソリンスタンド的なやつ)不足で、ユーザーが手を出しにくいという問題があります。

<これから>

株価が6,000円以上とかなり高いのが、分かります。

最低投資額でも60万円以上使うのは、かなり怖いですね。。

相当の余剰資金があるなら、おススメしますが、株初心者や小額投資から行う方にはおススメできません!

なぜなら、一つの企業に大金を投じると、分散投資ができなるなるからです。

もし、NISA枠で運用をしようとしたら、限界額120万円の半分以上を使ってしまい、残りの枠は60万以内で収める必要が出てきます。

必然的に、投資できる企業が少なくなり、リスクが大きくなります。

しかし、トヨタ自動車は日本の基盤の企業なので、倒産の可能性は限りなく低いですが、、、

自動車業界はアメリカの関税や電気自動車への転換で今まさに局面にたっていると言えます。

日本の武器はガソリン+電気のハイブリッド車ですが、欧州では近い将来にガソリン車の製造を禁止にし、電気自動車に切り替えるのを決定しています・・(もちろん、ハイブリッド車も禁止。)

電気自動車関連では韓国や中国のほうが、一歩リードしているため厳しい・・・

他の自動車関連の株はこちら

日産
日産 引用:日産 今回紹介する銘柄は・・・日産! 一時期、前社長のカルロス・ゴーン氏のことで話題になっていましたね。実はかなりの高配当株! 配当利回りは・・・2.75%!! <株価と配当> 株...

結論・・・余剰資金が多い人以外は手を出さないのが吉。

タイトルとURLをコピーしました