スポンサーリンク
政治・国際問題

【就活のための時事問題】5分でわかる!アメリカ大統領選挙の仕組み!分かりやすく解説!

アメリカ大統領選挙のしくみとは?

引用:アメリカ大統領選挙

 

 

ちろは
ちろは

いよいよアメリカ大統領選だね!

 

分からない人
分からない人

でも、なんか日本の選挙と違くない?

 

ちろは
ちろは

そうだよ。アメリカの大統領選前にもいくつか選挙があるんだよ。

 

分からない人
分からない人

そうなの!?

アメリカ大統領選前の流れ

アメリカ大統領選前にはいくつか選挙があります。

流れとしては、

①予備選挙・党員集会

    ↓

②全国党大会

    ↓

③大統領選の一般投票

    ↓

④アメリカ大統領本選

予備選挙・党員集会

この段階が一番最初です。

ここでは各州の党毎の代議員の選出を行います。

全国党大会

ここでは、上の予備選挙で選ばれた代議員によって、党の公認候補を選出します。

アメリカの党は2つです。

それが共和党民主党です。

2020/11/04の選挙では、

共和党代表がドナルド・トランプ氏。

民主党代表がジョージ・バイデン氏

最初の候補者はサンダース氏などもっとたくさんいましたが、それぞれの党の代表として、上の2名が選出されました。

大統領選挙の一般投票

ここでは、各州の選挙人の選出をします。

この選挙人がのちのちの大統領選挙の代表として投票に行きます。

アメリカ大統領選挙本選

各州の選挙人が国民を代表して、投票を行います。

州によって、選挙人の数が違って5人のところもあれば、20人以上の選挙人がいる州もあります。

選挙人を過半数獲得した立候補者が票数を総取りします。

2020年アメリカ大統領選挙速報~2020/11/09~

現状、トランプ氏が劣勢らしいです。

フロリダ州などの激戦州でトランプ氏が勝利したのはかなりの快挙。

しかし、ジョージア州などで突如、逆転をされました。

その理由がバイデン氏の票が急に出てきた。

ということです。

トランプ氏は

「これは不正投票だ。」

と主張し、開票を中止するように提訴しましたが、裁判所がこれを拒否。

そのままバイデン氏有利の状況に・・・

確かに、急にバイデン氏の票が増えたのは明らかにおかしいです。

それはグラフにすると分かるのですが、ほぼ垂直にバイデン票が伸びており、投票率も98%と普通の選挙ではおかしいほど高いのです。

民主党が何か根回しをしていてもおかしくはない。

民主党代表のバイデン氏が過半数を得て、当選確実になりました。

しかし、共和党代表のトランプ氏は法廷闘争を主張しています。

今後、法廷闘争となれば、次期大統領が12月まで不透明となる。

過去に法廷闘争になり、そこまで延期した事例があります。

開票係が実名、顔出しをして民主党の不正を告発したそうです。

何やら中国系の組織が既に亡くなった方の投票用紙や選挙権のない人の投票用紙を秘密裏に送っていたそうです。

また、分かり次第追記します。

タイトルとURLをコピーしました