スポンサーリンク
株式投資

外出自粛中にできるおススメの泣きスマホゲーム2選!

外出自粛中にできるおススメの泣きスマホゲーム2選!!

今回はおススメのスマホの泣きゲームを紹介します。

スマホゲームなので、どちらも無料なので、ぜひインストールして実際にプレイしてみてください!(2時間くらいで終わる。)

ちなみにどっちもノベルゲームというジャンルです。

1、彼女は最後にそういった

彼女は最後にそういった

引用:彼女は最後にそういった

これはスマホゲームのノベルゲーム部門最優秀といっても過言ではないと思います。

あらすじ

夏休みに帰省していたシンタロー(主人公)のもとに一通の手紙が届く。

その差出人は・・・四年前に死んだナナミ(ヒロイン)からであった。

「お祭りの夜、展望台でまっています。」

手紙にはそれだけ書かれていた。

手紙が届いた日はナナミが死んだ日。そして、村のお祭りの日であった。

不思議に思ったシンタローは夜に展望台に行くと、天狗のお面をかぶった謎の人物と遭遇する。

結局、その人物の正体は分からぬまま、その日を終えた。

次の日、目を覚ますと、同じ手紙が届いていた。

「お祭りの夜、展望台でまっています。」

そう、シンタローはその日をループしていたのだ。

ループを抜け出すため、そして、4年前に死んだナナミの死の謎を解くためにシンタローは動き出す。

というのが、ざっくりとしたあらすじです。

最初はオカルトなのかと、思いますが全くそんなことはないです。

ノベルゲームではよくあるのですが、トゥルーエンドとノーマルエンドがあります。

正直言うと、どっちも最高です!

ノーマルエンドもやるせなさが残りますが、美しい終わり方です。

途中で出てくる「天狗待宵花」。

こいつの花言葉がとても素敵で、この物語のカギとなります。

 

2、終わらない夕暮れに消えた君

終わらない夕暮れに消えた君

引用:終わらない夕暮れに消えた君

これも上と同じ会社が制作したノベルゲームです。

あらすじ

ある年の祭りの日、シュウヤ(主人公)とその友達たちでかくれんぼをした。

しかし、友人の一人がそのまま見つからず、そのまま行方不明になった。

それから10年。シュウヤと友人たちは10年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こそうと学校に集まる。

しかし、掘ってみるとその場所にタイムカプセルはなく、代わりに見覚えのない箱があった。

その中には手紙が一通。

「10年前の続きをしよう。」

とだけ、書いてあった。

これはけっこうな謎ですね。

しかし、物語をすべて読むと、そうだったのか?!と驚きです。

それを考えて、もう一度物語を読み返すと、登場人物たちの役割や人柄、生い立ちなどが鮮明になり、思わず泣きそうになってしまいます。

こいつもある花の花言葉が重要です。

それは・・・「タンポポ」です。

実はタンポポは綿毛と花で花言葉が違います。

この花言葉も物語のカギとなります。

 

いかがでしたか?

どちらもストーリーを読み進めて、簡単な操作をするだけなので、読書感覚ですぐに読み終わると思います。

物語もですが、流れてくる曲も感動的なのでぜひそれも楽しんでくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました