スポンサーリンク
政治・国際問題

【5分で分かる時事!】ウクライナの歴史。実は核爆弾保有国だった?!

ウクライナの歴史

2022/2にロシアから核爆弾で脅され、軍事侵攻までされているウクライナ。

ここまで隣国のロシアが強きに出れるのはウクライナが核を保持していないことが理由の1つです。

しかし、ひと昔前ウクライナは核を保有していたという事実を知っていますか?

もし、ウクライナが核を保持したままだったら、

今回のような侵略戦争は起きなかったと断言できます。

では、なぜ核を放棄したのか?

そこには大国の身勝手な思惑とウクライナ政府の愚かさがありました。

ウクライナとは?

ロシアと隣国をなす大きな領土の国。

かつてのソビエト連邦の一部だったが、ソビエト解体後、独立しウクライナとなった。

冷戦終結後長らく、アメリカにもロシアにもつかない中立国だったが、

ロシアのジョージア侵攻をきっかけに新欧米政権になる。

歴史

1954年 ソ連領だったクリミアが割譲される

→これは表向きはソ連とウクライナの友情を演出するためと言われている。

※クリミア半島はロシア系住民が多い

1986年 チェルノブイリ原発事故

→世界最大の原発事故。被害地域には約220万人が住んでおり、甚大な被害が発生した。

1991年 ウクライナの独立

1994年 核兵器の放棄

世界3位規模の核兵器を放棄

2014年 クリミア危機

→ウクライナで親ロシアの政権が反ロシア・親EU勢力に倒される。

これをうけ住民の大半がロシア系住民のクリミアでは大きな反発が起き、クリミア自治共和国独立の動きが一気に高まる。

ロシアもそれを支持し、同年3月にクリミア自治共和国議会とセバストポリ議会は独立を宣言。すぐさまロシアはクリミアを自国領に編入する条約を結び、クリミアの海軍拠点を占領した。事実上ロシアがウクライナを「侵略」した形となり、国連、EU諸国、米国などはこれを非難。

なぜ、核放棄を決定したのか?

理由として2つあります。

・米国がウクライナの安全保障を約束

・領土の安全性、独立的主権が保障

米国・英国・ロシアなどがウクライナに経済制裁という圧力をかけて、ブタペスト覚書を締結させました。

しかし、これは条約よりも弱く、法的拘束力もありません。

また、当時のウクライナ政府は核兵器をロシアにすべて渡しただけでなく、

核兵器の発射場もすべて破壊しました。

発射場だけでも残しておけば、それだけで抑止力となるのが国際的に通例です。

それもすべて破壊した当時のウクライナ政府は国際観が欠如していたと言わざるを得ません。

なぜ今、表記変更?

2022年3月下旬、日本政府はウクライナの首都の「キエフ」の表記をウクライナ語に近い「キーウ」に変更する方針を固めた。

同様に、北東部に位置する第2の都市「ハリコフ」を「ハルキウ」に変更する。

南部の「オデッサ」も「オデーサ」、「チェルノブイリ」も変更する案も出ている。

既にウクライナ側と調整が済んでいる。

ウクライナをめぐって国際的に名称を変更する動きが出てきていることへの対応。

これにより、ウクライナとロシアを差別化する狙い。

タイトルとURLをコピーしました