スポンサーリンク
政治・国際問題

【5分で分かる時事!】ウクライナ侵攻って何?ロシアの狙いは?戦争?

ウクライナ侵攻

2022年、ウクライナ情勢は張りつめています。

それは2014年にロシアが強行したクリミア併合と密接な関係があるのですが、

クリミア併合についてはまた次の記事で解説します。

今回はどうしてウクライナにそこまでこだわるのかロシアの思惑

を解説していきます。

ウクライナ侵攻とは?

2022年2月、ウクライナ政府がNATO(北大西洋条約機構)への加盟を正式に発表しました。

NATOについてはこちら↓

【5分で分かる時事!】NATO(北大西洋条約機構)とは?軍事同盟?ウクライナは?
NATO(北大西洋条約機構)って何? 引用:NATO 分からない人 NATOって何? ちろは NATOっていうのは一言で言うと、西側諸国の軍事同盟だよ。 ...

しかしこれに危機感を示したロシアのプーチン大統領はウクライナの国境沿いに

兵士の大軍を終結させ、軍事行動をいつでもとれる状態にしていました。

これにEUとアメリカなどは猛反発し、外交的対話と軍の即時撤退を要求していました。

ロシアはこれに対し、

「軍事演習を行っているだけだ。」

と主張し、軍の撤退を認めませんでした。

その3日後くらいに、

また、ウクライナの隣国ベラルーシにロシア軍を駐在させ、

軍事演習を行っている。(訓練は延長され、未だにロシア軍を配置している)

一方的にロシアがウクライナに軍事侵攻を行いました。

世界への影響

この戦争は遠く離れた日本、

それどころかアフリカ大陸ですら

負の影響が出ています。

それは

小麦価格の高騰

・エネルギー価格の高騰

です。

小麦価格の高騰

ウクライナは小麦の輸出大国なのです。

その規模はEU、ロシアに次ぐ、世界第3位(輸出量2~3割)。

これにより、世界各国で食料品の値上げが起こり、家計を圧迫しています。

エネルギー価格の高騰

天然ガスなどのエネルギー資源が豊富なロシアですが、

ウクライナに軍事侵攻をしました。

そんなロシアから天然ガスを輸入するということは、

侵略戦争の経済的支援をすることと同義です。

戦争を支援する国は国際的に孤立します。

日本はロシアからの天然ガス輸入はかなり少ないですが、

ヨーロッパではほとんどがロシアからの輸入に頼り切っていたので、

電気料金が高騰しています。

ロシアの思惑

①ウクライナを緩衝国としていたい

NATOはアメリカをはじめとする民主主義国家の軍事同盟です。

地図からも分かる通り、冷戦後NATO加盟国はヨーロッパ各国に広がりました。

もし、ロシアの隣国であるウクライナがNATOに加盟し、ミサイル配備がされれば、

ロシアの首都モスクワへ数分で着弾可能となります。

また、国境を接しているため防衛でもかなり苦戦します。

なので、出来ればウクライナ中立あるいは親ロシアとしていて欲しいのです。

②かつてのソ連を復興させたい

ソ連が崩壊して、いくつかの国は独立を果たしました。

その中の一つがウクライナです。

かつては社会主義を共にした地域が民主主義国家の軍事同盟になるのが

プーチン大統領は許せないのです。

これは2014年のクリミア併合も同じ理由です。

③自身の支持率のため

現在のロシアは経済が停滞しています。

理由は2014年に強行したクリミア併合により民主主義国家から経済制裁を受けているからです。

それにも関わらず、国民のプーチン大統領への支持率は高いままです。

なぜか?

それは国民もクリミアは元々ロシアのものだという認識が根強いからです。

同様に、ウクライナも。

ここで、アメリカやEUに言われ、軍を退いたとなれば、

国民の支持率が下がり、大統領の任期を迎える前に失墜する恐れがあるのです。

振り上げた拳をどう下げていいのか、プーチン大統領も探っています。

各国の対応

アメリカ

・バイデン大統領は州兵3500人をウクライナ周辺に派遣

・アメリカの空母の指揮権をNATOにゆだねる。(冷戦終結後初)

・ヨーロッパ各国との協調した経済制裁

→国際金融決算(SWIFT)からロシアの1部の銀行を排除

・ロシア国債の新規発行禁止、流通禁止

・ロシア国営大手2銀行との取引制限

・ウクライナ東部との貿易、金融禁止

・長距離ミサイル(ハイマース)を供与

・軍事支援総額 約162億ドル(2022/10/2)

EU

・経済制裁

・ロシアの下院議員のEU渡航禁止、資産凍結

・EUでのロシア国債の取引制限

・ロシアの一部の銀行を国際金融決算(SWIFT)から排除

→アメリカと強調

イギリス

・ロシア国営のVTB銀行など主要な銀行の資産凍結や主要なロシア企業による英国での資金調達停止

・プーチン大統領、プーチン氏の義理の息子だったキリル・シャマロフ氏、プロムスビャズ銀行のピョートル・フラトコフ会長など100以上の個人、団体の資産凍結

・ロシア航空会社アエロフロートの航空便の英国への着陸や一部のハイテク品などの輸出を禁止

・国際銀行間通信協会(SWIFT)からのロシア排除

・約87億3000万円の軍事支援(2022/8/24)

→無人機ドローンなど

スイス

・関与したロシア人の資産を凍結(ロシアのプーチン大統領、ミシュスチン首相、ラブロフ外相に対する金融制裁)

※永世中立国のスイスが1国に制裁を科すのは稀

日本

・経済制裁

・ウクライナ東部地域の関係者の渡航制限、資産凍結

・ロシア国債の新規発行、流通禁止

・ロシアの一部銀行を国際金融決算(SWIFT)から排除

→欧米と同調

韓国

・軍事関連製品の輸出禁止

・国際銀行間通信協会(SWIFT)からロシアの一部銀行を排除

→欧米と同調

具体的な経済制裁案

・ドル、ユーロ決算からの締め出し

世界の決算の9割以上がドル、ユーロ決算。

そこから締め出されると、ロシアの企業に大打撃となる。

・関係者の資産凍結、ビザ発給停止

・ロシア国債の新規発行、流通の禁止

なぜ誰も助けてくれない?

ウクライナはかつてロシア、アメリカ、イギリスと安全保障を結んだ

「ブタペスト覚書」

というものがありました。

詳しくはこちらの記事を↓

【5分で分かる時事!】ウクライナの歴史。実は核爆弾保有国だった?!
ウクライナの歴史 2022/2にロシアから核爆弾で脅され、軍事侵攻までされているウクライナ。 ここまで隣国のロシアが強きに出れるのはウクライナが核を保持していないことが理由の1つです。 しかし、ひと昔前ウクライナは核を...

約束したにも関わらず、その当時国のロシアから一方的に侵攻され、

アメリカとイギリスも手助けをしてくれません。。

なぜか?

それはそれぞれ3か国が核兵器保有国だからです。

もし、直接的にウクライナを助けてしまえば、核兵器の打ち合いに発展する可能性があるからです。

アメリカとイギリスは自国に核兵器を使われるのを恐れて迂闊に手出しできません。

それほど核兵器は協力な抑止力となるのです。

タイトルとURLをコピーしました