スポンサーリンク
日用品

【アトピー性皮膚炎緩和】僕がアトピー性皮膚炎を弱めた方法。

アトピー性皮膚炎の緩和

 

※写真はイメージです。

はじめに

僕は高校時代から顔と背中とお尻にアトピー性皮膚炎が発症しました。

特に、顔は酷く乾燥し、痒くて眠れない日も多かったです。

写真のように顔は赤くジュクジュク状態でした。

原因は大学受験のストレスではないかと、皮膚科の先生にいわれました。

詳しい原因はいまだ解明されず、根本的な治療法もありません。

僕もいまだに顔がかゆいです。

しかし、食事や習慣に気を付けて、かなり改善しました。

今回は実際に効果のあった方法を紹介したいと思います。

改善させた方法

食事編

僕が食事で気を付けているのは、2つ。

①タンパク質を多くとること

②糖質を抑えること

です。

タンパク質を多くとる

ソース画像を表示

まず、アトピー性皮膚炎が完治した方のyoutubeなどを見て、タンパク質が重要だとしりました。

なので、1回の食事に20gのたんぱく質摂取を習慣にしました。

1日の合計で80g以上は摂取しています。

タンパク質の重要性とおススメのプロテインはこちら↓

【筋トレ初心者必見!】実際に試したおススメのプロテイン!
おススメの愛用プロテイン最近は女性も男性も美容がトレンドになっています。美容には栄養と適度な運動が必要です!そこで今回は実体験をもとにおススメのプロテインを紹介したいと思います!なぜ、プロテインなの?でも、プロテインってアスリートの飲み物で

糖質を抑える

ソース画像を表示

次に、糖質制限です。

これが一番効果ありました。

高校時代は晩御飯に2合くらい白米を食べていました。

しかし、今では1日に白米0.5合に抑えています。

こうすることで糖質による炎症を抑えることができます。

もちろん、白米半合だけではすぐにお腹がすくので、工夫をしています。

まずはタンパク質を多くとる。

プロテインだけでなく、豆腐や納豆、卵などです。

タンパク質はお腹が膨らむので、ダイエットにもおすすめです。

もう一つの工夫はおかゆで食べることです。

半合でもおかゆにするとすごくお腹いっぱいになります。

最後に腸内環境を整えるためにご飯に押し麦を混ぜています。

押し麦は食物繊維とビタミンが豊富なので、便通が非常に良くなります。

実際の効果

まず、肌が荒れなくなりました。

もちろん、食事だけではありませんが、痒くなることは圧倒的に少なくなりました。

友人も

「すごく肌キレイになったな。」

と驚くほどです。

タンパク質摂取+糖質制限

は非常に有効でした!

習慣編

習慣で気を付けていることは

①入浴後の保湿

②運動

③水分補給(水2L弱)

です。

入浴後の保湿

ソース画像を表示

まず、保湿についてですが、化粧水をむやみに使えばいいというわけではありません

僕も多くの化粧水、保湿クリームを使ってきましたが、むしろ悪化するものも多かったです。

なので、自分に合うものを見つけるのが一番苦労すると思います。

僕が愛用しているのは白色ワセリンSaikiローションヒルドイドソフト軟膏です。

この3つは僕も実際に愛用しているものでもう4年くらい使っています。

まず、ヒフメイドクリームとローションを混ぜて塗り、ワセリンで上から塗ります。

そうすれば、保湿は完ぺきです。

保湿パックも試したことあるのですが、顔中痒くなり悪化した経験があるので、おススメしません。

運動

ソース画像を表示

つぎに、運動です。

運動すると寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌の回復を助長します。

成長ホルモンは身長を伸ばすだけでなく、肌の回復にも関与しています。

大人でも成長ホルモンは毎日でます。

僕がずっと続けているのは筋トレです。

最初は腕立てやスクワットなど器具を使わない者だったのですが、

少し前からダンベルや腹筋ローラーを使って鍛えています。

水 に対する画像結果

毎日、水2Lをこまめに飲むように心掛けました。

水分が足りないと、血液の流れが悪くなり、栄養を体の隅まで届けることができないと知ったからです。

しかし、普通の水道水を飲んでも危険です。

理由は塩素が含まれているから。

なので、僕はネットでミネラルウォーターを頼むか、

水道の水を塩素を抜いて飲んでいます。

塩素を抜くにはいくつか方法がありますが、レモン果汁を入れるのが一番早いと思います。

ミネラルウォーターはこちら↓

 

実際の効果

保湿はこれが一番合っていると思います。

特に白色ワセリンは保湿力がすごいので、一度試してみると良いと思います。

値段も安価なので、手が出しやすいです。

アトピーが酷い方は皮膚科で受診を受け、ステロイド治療を行ってから、非ステロイドの保湿を行ってください!

※ステロイドを長期間使うことは絶対にダメです!

水もかなり効果ありです。

肌のつやや、色合いがかなり変わるので、積極的に水分補給を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました