スポンサーリンク
歯列矯正

【大学生からの歯列矯正Ver.3】装置装着から5ヶ月経ちました(途中経過編1)

装着装着から5ヶ月経った変化

どうも、おひさしぶりです。

表側の歯列矯正装置を付けて、5ヶ月経ちました。

歯並びが特に悪かった上の歯もかなり良くなってきました。

友達と会っても、「お前歯並び良くなったな。」と言われるほどです。

ですので、効果が出るのは案外早いですね。

経過はこんな感じ。

DSC_0091

本題に入りますが、昨日健康な歯を2本抜いてきました。

上の歯の4番目を左右両方。

正面からは分かりませんが、横向きだと隙間が空いているのが分かります。

どうして健康な歯を抜いたかって?

理由は「顎が小さいので、このままだと歯が全部入り切らない。」

とのことです。

要するに、歯並びを綺麗にするために歯を抜く。

ということです。

親知らずは4本とも抜いているので、合計で6本抜いたことになります。

上の歯は神経が近くないので、抜くときも全然痛くなかったです。

抜いた後も痛みがなく、痛み止めがなくても1日後には気にならないほどです。

血の味はしますが(笑)

抜いた歯はこちら

DSC_0092

左が根元2つに分かれているやつです。

歯医者さん曰く、

「すごく抜きにくかった(笑)」

とのことです。

タイトルとURLをコピーしました