スポンサーリンク
政治・国際問題

【5分でわかる時事!】日本共産党のヤバイ真実。公安警察に監視されている。

日本共産党のヤバイ真実

共産党といえば中国を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、日本にも共産党があります。

2022年9月の討論番組で統一教会と自民党のつながりの究明を求められた際に

茂木幹事長が

「日本共産党も過激な左翼集団から支援を受けている。それについて究明しないのはおかしい。」

と発言をしました。

これに対し、日本共産党は反発、激怒しました。

共産党側は

「事実無根」

としましたが、

ホントに事実無根なのか?

それは半分正解で半分嘘です。

どういうことか?

日本共産党自体が危険が過激派左翼集団ということです。

日本共産党とは

日本に拠点を置く政党。

共産主義を基本とし、中国共産党とは別の組織。

1922(大正11)年に「共産主義インターナショナル」(通称コミンテルン)日本支部として結成された。

戦前・戦中は政府による激しい弾圧を受けるが、戦後合法政党として活動を再開し、「細胞」と当時称された学校や党員の職場等における基礎組織を中心に、党勢を拡大する。

共産主義とは

共産主義とは、財産の一部または全部を人々の共有のものとし、階級と、階級間の搾取のない社会を作りだすという政治思想です。

では、どのようにそのような社会を作るのか。

資本家をはじめとする特権階級は、労働者階級に同情し、自らの財産や特権を話し合いなどの平和的手段によって手放し、抑圧を止めることはあり得ないと考えられた。

したがって、暴力革命によって労働者階級が特権階級を駆逐するしかないという立場を取るのが共産主義である。

日本共産党のヤバイ真実

暴力革命を肯定している

2004年1月に改訂された現在の日本共産党綱領には、

われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない。

と記述されています。

つまりどういうことか?

「革命という目的達成のためであれば、デマであれテロであれ手段を選ばず、

暴力行為も辞さない」

ということです。

過去の殺人事件

日本共産党は過去にデモやテロ、殺人を犯し、現在公安警察の監視対象となっています。

具体的な事件を挙げると、

1952年には、札幌市警警備課長を路上で射殺した「白鳥事件」、

皇居前広場で暴徒化した群衆が騒乱を起こした「血のメーデー事件」、

名古屋で火炎瓶を持った数百人が暴徒と化した「大須事件」などです。

これによって1957月に破壊活動防止法が制定され、以来、日本共産党は監視対象となりました。

議長がソ連のスパイ

ソ連崩壊後に流出した文書によって、野坂がソ連のスパイだったことが判明し、本人も認めたからというのが除名理由でした。

冷戦の渦中、日本の共産化を扇動するため、〝ソ連のスパイ〟が日本共産党の議長を24年間も務めていたことを、日本共産党自身が認めたのです。

20年以上もトップが変わっていない

日本共産党の現在の党首は志位和夫。

実はこれ20年以上変わっていません。(任期なし)

共産主義では「横のつながり」

つまり、みな平等を基本理念としているわけですが、共産党には明確な縦社会が存在します。(中国共産党も同じ)

しかも、トップを決める際は自分の気に入った人だけが投票するように選出し、

立候補1人の信任投票のみとなります。

これを民主的な選挙といえるでしょうか??

タイトルとURLをコピーしました