スポンサーリンク
コロナ

【5分で分かる!】主なコロナ変異株の種類とその特徴についてまとめてみた。

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスとは

2019年に中国の武漢で流行したウイルス。

コウモリ由来のウイルスとされている。

主な症状

発熱、嘔吐、頭痛、倦怠感、味覚障害など。

主な変異株とその特徴

アルファ型

2020年12月上旬にイギリスで見つかった変異株。

従来のウイルスと比べて、感染力が強く重症化するリスクが高い。

ワクチンへの影響はほぼない。

ベータ型

2020年5月上旬に南アフリカで発生したとされる。

変異が早いので、

「ワクチンへの影響がほぼない」という意見と

「ワクチンの予防力低下」という意見が

幅広くあります。

ガンマ型

2020年11月にブラジルで発生した変異株。

こちらもワクチンへの影響は

「ほぼない」という意見と

「大いにある」という意見

別れています。

デルタ型

α株の1.5倍の感染力。

最も感染が拡大した変異株。

重症化リスクが高い。

ワクチンの発症予防効果が

ファイザー社製のワクチンで88%

入院予防が96%

と言われています。

オミクロン型

2021年11月に南アフリカで見つかった変異株。

感染力はデルタ株の3倍以上。

ワクチンを打っても再感染する

もしくは

一度感染した人がもう一度感染する

ブレイクスルー感染

の能力が高いとされている。

ファイザー社は3回目のワクチン接種で中和抗体量を2回目の接種と比べて、

25倍増やすことができると発表。

2回接種でも重症化を防げるとのこと。

重症化のリスクはかなり低く、肺炎を起こすのもかなり稀。

目立つ症状は鼻炎。

致死率はインフルエンザと同程度(0.2%)

タイトルとURLをコピーしました